臼庭潤君のこと、そして良いお年を (3/3)

12-29,2011

(1/3) , (2/3) の続きです。2010年9月14日のメール、

実は先程、ロイの監護養育権の獲得が確定になりました。
ご相談にのってくださって、励ましてくださってありがとうございました。
これからますます子どものためにもミュージシャンとして前進していく意欲に燃えております。


2010年11月30日 どこかの公園で息子と一緒に遊んでいる2つのビデオ付きのメールで、

アケタの店での音源の件でメール致しました。
その後息子ロイとの生活も落ち着き、無事に元気に1歳3ヶ月を迎えました。
僕の祖母は一周忌を迎えました。
我が一人息子のロイと祖母にあの日の演奏をCD化して捧げたいと強く思っております。


僕は返事でまだバンドがまとまっていないから早急ではないか、もっと一緒に仕事をしてバンドを煮詰めて行こう、そのうちに僕のレーベルから潤のCDを出す事も考えて行こう、そんな事を書いた事 憶えています。

年が明けて2011年になってから僕の今年の春の日本でのスケジュールを送ったのですがメールの返事が来なくて、やっと返事が来たのが2月14日のメールで、

現在2週間程入院中です。
あと2日位で目処がつきそうです。


との事、そのすぐ後に潤の友達からのメールが届きました。

臼庭 潤が、入院中なので、彼に頼まれてメールしました。
今月の初めから、精神的ストレスにより、潤は入院しております。
まだ、退院の予定は、たってませんが、今週末から来週かな?と
潤の家族と私はみています。
何回か、面会に行きましたが、だんだん調子も良くなって、きておりますので、
安心してください。
何か仕事の件など潤に伝えることなど、ありましたら、お手数ですが、こちらに
メールしてください。潤に伝えます。


5月になってから彼自身からメールが又来るようになって、

今回の病は想像以上に手ごわく、離婚問題、子供の件もあり自宅療養中です。
全く御連絡出来なかったので気になってメール致しました。
快方に向かっていることは事実です。

僕は最近復活の予感を少しずつ感じております。(まだ不安と焦りが交錯していますが)
夏にMASUOさんがまた帰国なさる日程に目標を持って、この療養中に新たな自分を探してみようと思っております。
なるべく早く本調子になれるようにつとめます。


この様に立ち直ろうと一生懸命がんばっていたんですよ。
しかしこの後の6月6日のメールが最後のメールになってしまいました。
僕は7月からチンさんとのツアーが始まって8月に入ってからそろそろ連絡を取ろうかなと思っていた矢先でした。
もう少し早くに連絡を取っていたらどうなっていたんだろう。もっともっと手を差し伸べる事が出来たのではないかそんな事を考えると悔やまれました。

Live at LazyBird という臼庭君の丁度2年程前録音のアルバムが AKETA'S DISK から出ています。彼の事を思っているんだったら是非聞いて下さい。そこには潤が生きていますよ。


心の病の苦しさは本人だけにしか理解出来ない事ですね。情報がありすぎて肝心な事を見忘れてしまう。現代人の持つそんな心のストレスはみんなが直面している問題ですね。繊細な人程苦しさが大きくなってしまう。

でも生きている事って何と素晴らしい事なんだろう。僕はそう思っているよ。ほんのちょっとした心の持ち方しだいでこの世界に素晴らしい事や楽しい事がいっぱいある事を見つける事が出来るよね。それに何か希望を持って生きて行くのも大切だよね。

大変な事も沢山あるけれど Life Is Good だよ。
One Word が大切だよね。本当に。

それでは良いお年を。


MASUO
 
関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • コメント:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する