2011年 チンさんとの旅 -- 北海道

07-12,2011

北海道の旅から帰って来ました。チンさんと二人旅楽しかったですよ。さすがに北海道は涼しくて得してしまいました。
はじめて行った室蘭は雨、寒いくらいだった。Jazz Inn 816 はビルエバンス好きのマスター清野さんがやっている小さな店でしたが 地元の音楽サークルの学生さん達も沢山来てくれて空気が熱かった。室蘭独特のブタ肉を使った焼き鳥でうちあげ。

今回はほとんど電車で移動だったので気分はノンビリ。小樽もはじめてでした。泊まったホテルは港の目の前。運河沿いにずっと歩いて(お堀なんて言ってしまって.... トホホ) 昔からの古い建物が沢山
残っている情緒豊かな町を満喫。トツキさんとすれ違っていたんですね(※)。
会場Gold Stoneは若いオーナー山本さん共にとても素敵な所でした。後半地元のミュージシャンとも一緒にやって、チンさんがピアノも弾いたり盛り上がりました。夕朝と海鮮丼連チャン。

旭川のじゃずそば放哉は昨年8月に始めて行った所です。出来てからまだ2年半というまだ新しいお店。オーナーの野村さんを中心に音楽好きな人々の溜まり場になっているんですね。おそばを食べてジャズなんてとってもお洒落で東京にもこんな店が一軒あったら良いのになぁ~ と思ってしまいます。

北見のJazz Foolは店に飾ってあるポスターやいろんな写真や訪
れたミュージシャンのサインしてある色紙等を見ていると今までの北見の音楽の歴史を感じました。福岡に住んでいる時に僕のアニマルハウス バンドのコンサートを見たと言うバーミューダーショーツとアロハシャツの良く似合うマスター紺野さんは音楽に熱い情熱を持っている人物。 今回のツアー最後の町中標津まで彼の車で送ってもらいました。途中 よってくれた摩周湖にはあらためて自然の素晴らしさ偉大さに圧倒されてチンさんも僕も大感動。

中標津は総合文化会館の小ホールでやったコンサートでした。主催者の小室さんはいつまでもギターに夢を追い続けている好人物。地方に行って演奏する事の素晴らしさの1つは、行く先々でこの様に情熱をもって音楽を愛している人達に直接会える事ですね。こうやって演奏の場を企画して下さる人々がいてくれる事僕達本当に幸せものだと思います。新しく出来たこの様なスペシャルな人達とのつながりを大切にして行きたいと思います。

僕達の演奏会に遠くからわざわざ来てくれた方も沢山いました。釧路から来てくれた人も居たり、札幌から4カ所の会場に駆けつけて下さった方もいたんですよ。何時もながら感謝の気持でいっぱいになってしまいます。

散歩したホテルの裏の標津川の土手。360°地球が丸く見えてしまう展望台。遠くかすんで見えた北方領土。
ありがとうございました。
又 忘れられない思い出がいっぱい出来た北海道の旅でした。

MASUO