お知らせ !

02-16,2021

皆さん、
昨年の11月ピットインにてライブ収録された2曲が東京都のプログラム 「アート にエールを!東京プロジェクト(ステージ型)」 の作品としてサイトに上がり ました。

アートにエールを!東京プロジェクト(ステージ型)
https://cfa-stage.jp/movie/ ※「新着動画」からご覧になれます。
「アートにエールを!東京プロジェクト」 は、このコロナ状況下の音楽を始め 諸アート分野に関する関係者一同を支援援助するという東京都が発案した素晴ら しいプログラムです。
一般応募により選ばれた人々に一定の援助金が支給され、各々がそれを使い作品 を作りアーティストならではのアングルから、閉塞感がある今のこの世界の窓を 開放して清風を送り込む様な人々の心の為になる事をやって下さい。という素敵 な考えがある何とも粋なプログラムなんです。
どなたがそのアイデアを考えたのでしょうね。
その方々に大拍手喝采そして感謝です。👏

滅多にない特別な機会なので MAGATAMA を中心に、普段出来ない大人数で演奏する場を設けようと決めていました。
これだけの人数のミュージシャンを一堂に集めるのは一苦労でしたが、何とか ピットインの昼の部と夜の部の間の1時間半という時間を使って皆さんに集まっ ていただいてのジャムセッション。
一曲目の新曲 October Surprise にはどちらかといえば僕の年齢に近いベテラン ミュージシャン、そして二曲目の One Word 2020 には若手のミュージシャンを 起用、2011年ニューヨークで制作された東日本大震災復興支援のための曲です が、今現在の状況にもフィットする曲だと思いました。

コロナ禍で疲弊している世の中を元気づけるために、ベテランと若手Jazz ミュージシャン達が集まって実現したスペシャルライブ、僕にとって忘れられな い貴重な瞬間になりました。
近年頓に存在感が薄くなって来ていると感じるジャズ界。
今回の座長として、こんな時だからこそ少しでもこうやって世の中に発信して行 く事に意義を感じています。

Special Thanks です。
MAGATAMA のメンバー、スペシャルゲストミュージシャンの皆さん、野力奏一 (Horn Arrangement for 「October Surprise」)、赤羽壮介/赤羽つかさ(Still Photo)、ビデオ撮影班及び編集スタッフ、ピットインミュージックスタッフ、レコーディングエンジニア菊地昭紀。レコーディング&ミックスエンジニア大橋健慈、メディアスタイリスト、Website 海野和子、

アートにエールを につなげてくれた深田貴美子、西松幸一の両氏。

ありがとうございました。

皆さんが楽しんでいただけたら嬉しく思います。
それでは又、
増尾好秋


アートにエールを! ステージ型 『 One Word 2020』
PIT INN にて 2020.11.20 収録 +追加収録
動画 URL: https://youtu.be/hgK39mn6iZE

 

新年の挨拶 & 海野君からのメッセージ

01-04,2021

皆さん、
新年明けましておめでとうございます。
昨年の2020年は今までに経験した事がない、類を見ない年でしたね。
しかしそんな状況下春からずっと日本に居続けて演奏もし続ける事が出来た僕に
とっては音楽面ではとても生産的な充実した日々となりました。
昨年11月にピットインでレコーディングした「アートにエールをステージ型」
のプロジェクト2曲がもうすぐ出来上がりますので楽しみにしていて下さいね。

昨年秋に始めた海野雅威君支援に全国皆さんにご協力賛同していただいて本当に
感謝しています。
皆さんがサインしていただいた名簿とともに12月現時点での合計支援金 367,500
円の振込をさせていただきました。

実は海野君数週間前から一時帰国しています。
海野君からのメッセージが届いていますのでご報告したいと思います。

それでは2021年素晴らしい年になりますように。

MASUO


--- 海野雅威さんからのメッセージ ---
新年明けましておめでとうございます。
お振込と名簿ファイルを確認させて頂き出来ました。
ありがとうございます!

増尾さんが全国各地、行く先々のライブで支援を呼びかけていてくださった事、
そもそも西松さんのアイディアにより始まった事、
ライブハウスで取り置きをしてくださったお店もあった事でしょう。
大変な時代にも関わらず、みなさま、お一人お一人の温かい想いが伝わってきて
心から感動、感謝しております。

ニューヨークでは週3回リハビリに通っています。
今後は心理的外傷の治療で、心療内科通院も加わります。
みなさまの愛、温かいご支援が大きな希望の光になっています。
必ずまたステージに立てる日が来る事を信じ、
みなさんと共にOne Word持って生きていきたいと思います。

本年もよろしくお願い致します。

海野

--- ---

海野雅威 支援CD

10-06,2020

皆さん、
いかがお過ごしでしょうか。
もうすっかり秋の気配がしていますね。

この日曜日仕事場で来ていたお客さんから New York 在住のピアニスト海野君が暴漢に襲われたニュースを知りました。
すでに支援の輪が広がっていますね。

僕達も何か少しでも手助けが出来ないかと模索している中、西松氏から素晴らしいアイデアが産まれました。
2011年に東日本震災支援として New York で録音した曲 One Word を再度CDにしてその利益を全て海野君の支援にまわす計画です。
実は海野君もその中で演奏に参加してくれたミュージシャンの一人だったんです。

新しくレコーディングした One Word 2020 CD は明日10/07 MAGATAMA で 吉祥寺SOMETIME に出演する折に店で発売する予定になっていましたので急遽 One Word 2011 を海野雅威 支援CD として同時に発売する事にいたしました。
奇しくも同じ曲を同時に発売する事になりましたがいろんな意味でこの2曲は全く違うバージョンになっているのでその対比も面白く聴いていただけると思います。

両CD共に1000円で販売いたしますのでよろしくお願いいたしますね。

それでは又、

2020年 10月6日
MASUO
 
『One Word』CD販売サイトが開設されました (2020.10.20) 。

『One Word 2020』と『One Word 2011』(海野雅威支援) 、いずれも CD-R で 1枚 1000円、送料無料です。



One Word 2020 One Word 2011 海野雅威支援

One Word 2020

08-16,2020

皆さん、お元気ですか。
僕は元気にやっていますよ。
今日は終戦記念日なので朝からあの戦争についての番組がたくさん組まれていましたね。
全く戦争という不条理と人間の愚かさに心が重くなります。
しかし私達はあの時代に生まれてこなかったという事だけでも本当に幸せですね。

さて今回も3月中頃にこちらに来たのでもう5ヶ月になります。
このところ一身上でいろんな事が起こっています。
昨年の夏に私の母が亡くなりました。そして秋には僕のwifeの母も年老いて介護が必要になり彼女が住む西海岸の California に引越す事を決めたんです。
さすがに50年近く長年住んだ東海岸のNew YorkとPennsylvania から離れるのは大決心でした。
いっぱいある思い出、そして多くの友人達にも会えなくなる、それを思うと淋しさで心が痛みました。
しかし又全く違う場所と環境で新たに一から再出発するという興奮とワクワク感からエネルギーが湧いて来るのを感じているのも確かです。
という訳で今僕達はCalifornia に仮住まいしていますがこのコロナ状況なので最終的に何処に落ち着くのかはまだまだ分かりません。

ですのでこの春はCalifornia からこちらに来たのですが、乗る予定の飛行機が前日突然キャンセルになり慌てて同じ日の他のフライトに変更して帰って来ました。その数日後にはアメリカからの全てのフライトがキャンセルになったのでスレスレのところで入国出来たという訳だったんです。

チンさんとの一番最初の仕事をやってその後からの全ての仕事はキャンセルや延期になってしまいましたが、僕には実家の相続の事や諸々のやらなくてはならない事務がたくさん有ったので何かと忙しくしていました。
東京にいてこんなにもプライベート時間がある事はこの数十年間ほとんど無かったので人と会う事だけは出来ませんが久しぶりの東京ホリデーを楽しんでいますよ。
暑くなる前はまあ近場ですけれど自転車でそこら中を走り回ったりね。

2011年あの東日本大震災の後アメリカに帰ってから援助支援のために多くのNew York のミュージシャンや諸関係者に協力してもらって One Word という曲をレコーディングして募金を募るプロジェクトをやりました。
今回西松さんからの提案でこの状況の中その第2弾をやろうという計画が発足したんです。先ずは Pit Inn でのライブレコーディングとビデオ撮影を計画したのですが Pit Inn もなかなかお店を開けられなくて一旦その計画は流れてしまいました。
そんな時に西松さんが芸術文化活動支援事業 「アートにエールを! 東京プロジェクト」募集に個人登録して応募してくれてそれが見事に合格。予算が少し出る事になったんです。
作ったものを納めるまでに決められた期限があるので先ずは自分一人で作ろうと思い立ちました。
茅場町にある西松さんの会社にはスタジオがあります。普段は音楽スタジオではないのですが早速試しにナイロンストリングギターだけでレコーディングを始めてみました。
レコーディングエンジニアをやってくれたのは50年前に僕がサダオさんのバンドでやっていた時のバンドボーイだった大橋健慈君。
彼もちょうどこの春に本業だった学校の先生をリタイアーして次の道を模索しているところだったので良いタイミングで又繋がったんです。
西松さんのスタジオはバッチリでした。これからは本格的に音楽のレコーディングスタジオとしても活用されて行く事でしょう。
最初は一人で始めたレコーディングでしたが結局は皆んなに協力してもらって後から海老原淳子のコーラス、落合康介のベース、北井誉人のパーカッションを追加、僕はエレキギターも弾いています。
One Word 2020 として近いうちに皆さんにお聞かせする予定で只今最後の仕上げ頑張っています。
先ずは少人数版ですが後にはこれを基にしてもっと大人数バージョンも作ろうと思っています。

皆さん、この暑さの中無理をしない様体には気を付けて下さい。
そしてまだまだくれぐれも感染しない様に気をつけましょうね。

それでは又、
8月15日 2020年
MASUO

Facebookの録音風景写真もご覧ください!

※ 西松氏もこのプロジェクトについてFacebookに詳しく書かれています。是非お読みください。



「One Word 2020」 on YouTube



帰って来ました

03-19,2020


皆さん、
お久しぶりです。
お元気ですか。
僕は無事日本に帰って来ました。

世界中が本当に大変な事になってしまいましたね。
今回はこの様な状況ですがお店がキャンセルしない限り予定どおりに出演するつもりです。
先ずは来週の新宿 Polka Dots からスタートですね。
しかし皆さんにはくれぐれも無理をなさらない様よろしくお願いいたします。
一刻でも早く収まってくれる事を祈ります。

それでは、
MASUO